注文住宅の間取りは生活のしやすさの決め手になる

注文住宅の間取りは生活のしやすさの決め手になる

一軒家を注文住宅で購入する場合ですが、どのような間取りにするかというのがポイントになります。
生活動線を考えると、リビングやダイニングキッチン周辺を中心にそこから普段の生活を想像し、誰がどのように動くかを考えます。
注文住宅はその点において、限られた広さの中ではある程度自由に設定できるので、図面を作成する段階でハウスメーカーや工務店と一緒にヒントをもらいながら検討するのがいいと思います。
動線は人によってまちまちですが、家事を主にこなす人の動きをよく想像しましょう。
また二階建ての場合は階段の位置や型をよく相談し、どのような部屋をいくつ作るか、ある程度構想しておく必要もあるでしょう。
実際のところ、注文住宅は建売住宅と違い出来上がっていないところから生活空間を作り上げなければいけないので考える時間が長くなりますが、それだけ間取りをバランスよく構成しておくと、実際に完成してから生活しやすい空間となり、生活のしやすさに直結すると言っても過言ではありません。

注文住宅の魅力は機能性の高い設備を導入できること

住宅の設備にはさまざまなグレードのものがありますが、注文住宅に導入する場合には高品質でグレードの高い製品を取り入れることができますので、快適な生活を実現したい方にはおすすめです。
普及価格帯の製品は、賃貸住宅や比較的リーズナブルな建売住宅に採用されていることが多く、機能性は最低限のものであり使用にあたっての満足度という観点では物足りなさを感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし注文住宅の場合には、建主の希望や好みに合わせて導入する住宅設備を決定することが可能です。
例えば自動追い焚き機能やジャグジー機能の付いたシステムバスであったり、スタイリッシュで高級感のあるタンクレストイレであったり、アイランドタイプで料理スタジオのようなシステムキッチンであったりと、豊かで満ち足りた暮らしを実現させることができる高級住設を採用することができるものです。
住まいに関して強い関心をお持ちの方には、注文住宅がその期待に応えられるものとして選択肢に挙がるものと言えるでしょう。

著者:緒方芳孝

筆者プロフィール

福島県会津若松市生まれ。
生活しやすい家づくりのために、注文住宅の間取りや業者選びについて発信しています。